愛媛県松山市にある成松会計事務所は企業と地域社会の発展に貢献していきます。

お問合せ

TEL.089-932-6677

相続税申告、相続対策をお考えの方へ

相続税の課税対象者が倍増?

相続税といえば、これまで富裕層に係る税金と思われてきました。
しかし、平成27年1月1日からは申告義務対象者が一気に拡大し、一般サラリーマンも増税の波を被る方が多く出たといわれています。

相続税は所得税と同じくらい身近な税になってきます

国税庁の発表では、課税対象となる死亡者の割合は、平成26年の4.4%から平成27年は8.0%と約1.8倍に拡大しています。
この数字は国全体の数字ですから、都市部に限ってみると、かなり高い数字になると見込まれています。

もはや相続税は他人事ではありません

平成27年1月1日から課税対象者が大きく増加しただけではありません。
基礎控除額の減少、最高税率の引き上げと中間の税率構造の細分化といった大増税が行われています。

だからといって諦めてしまうことはありません!いまからでもできることは残されています。


身内の不幸はだれにでも訪れ、相続が発生します。
そのとき、慌てず損をしないように今から準備することが大切です。