愛媛県松山市にある成松会計事務所は企業と地域社会の発展に貢献していきます。

お問合せ

TEL.089-932-6677

相続税申告、相続対策をお考えの方へ

相続税対策とは? ~財産の評価額を引き下げる対策~

相続財産の評価は、一般的には「財産評価基本通達」にしたがって行われます。

<評価対策とは>
(1)その財産の数量に変更を与えず評価額を下げる方策を講じる
(2)財産の数量を減らす

不動産の評価対策を例にとります。
建設業者の中には「市街化農地の所有者に賃貸アパートやマンションを借金で建築すると、
相続対策になります」と営業しているところがあります。

(2つの効果)
(1)建物の評価額は借入金よりも低くなる
(2)その敷地は貸家建付地として、評価額を15%減額することを狙う。

無理をした相続対策には、リスクがあることを十分理解しておきましょう。

(2つのリスク)
(1)長期間ローンを払い続けなければならないのに、建物価値は劣化していく
(2)入居率や賃料の低下といったリスクを残す

     ↓

税理士へ節税効果を確かめ、借入リスクと天秤にかけて判断することが必要です。

ポイント1

土地の評価では、自宅敷地や事業用土地の相続税評価額を最大80%減額できるという「小規模宅地の特例」の適用を、どの土地で受けるかによって相続税に大きな開きがでます。そのため、自分の相続する土地でこの特例を受けたいということで、親と同居するなどの現象も起きているそうです。

※土地の相続税評価について、基本通達では不合理と思われるケースもあります。

私どもは「広大地」評価の可否や路線価評価が時価より高いケースなど、評価通達によることが適当ではない場合、不動産鑑定をお勧めし、適正価格での申告を行うこととしています。